越境作家・多和田葉子|作家解説とおすすめ3作品

世界的な新型コロナウイルスの流行の影響を受けて、なかなか出かけられない日々が続いていますね。

家で過ごす時間が増える中で、読書の機会が増えた方やいろいろな本を読んでみたいなと思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、私の大好きな作家の一人、多和田葉子についてご紹介します。
多和田葉子のすごいところを解説しつつ、初めての人にもおすすめの3作品を取り上げていきます

  • 海外の雰囲気や異文化を感じられる作風がすごい!
  • ノーベル文学賞候補にもあげられる注目作家!
  • エッセイから小説まで、3作品をご紹介!

多和田葉子について

プロフィール

多和田葉子(たわだようこ)は、 1960年東京都生まれの小説家・詩人です。

高校時代にドイツ語を学び、大学は文学部ロシア文学科卒と、複数の外国語を学んできた経歴を持っています。
大学卒業後は、ドイツのハンブルクにある会社に就職し、以降はドイツが生活の拠点としています。
1991年に『かかとを失くして』で『群像』新人文学賞を受賞してから、芥川賞、野間文芸賞、読売文学賞など、多くの国内の文学賞を受賞しています。

しかし実は多和田葉子の小説家デビューは、ドイツが先でした。

1987年に日本語とドイツ語両方が用いられている作品『Nur da wo du bist da ist nichts/あなたのいるところだけなにもない』がドイツで出版されたのです。
ドイツ国内では、1996年にバイエルン芸術アカデミーのシャミッソー文学賞を授与、2005年ゲーテ・メダルを受賞、さらに2018年には全米図書賞(翻訳文学部門)を受賞するなど、世界的に活躍している作家です。

多和田葉子のすごいところ

日本語とドイツ語を両方使いこなす作家

多和田葉子のすごいところはなんといっても、
日本語・ドイツ語の両方で創作活動をしていることです。

母語ではない言語で作品を書いている作家は他にもいますが、移民あったり、政治的な理由によることほとんど。
しかし多和田葉子にはそのような理由とは関係なく、日本語とドイツ語の両方を使って作品を書いているのです。

さらに日本語で書いた作品を自分でドイツ語に翻訳して出版するなど、日本だけで活躍する作家とは違った活動もしています。

多和田作品では、ひらがな・カタカナの使い分けや日本語を俯瞰的に見たような独特な表現が多く見られます。
日本語とドイツ語を使いこなせるからこその、日本語のようで日本語ではないような不思議な作品世界が、多和田作品の魅力のひとつなのです。

ノーベル文学賞候補になっている

多和田葉子は2018年頃からノーベル文学賞の候補として名前が挙げられています

ノーベル文学賞といえば、村上春樹が受賞するかどうかという話題が世間を騒がせていますが、多和田葉子もそれに並ぶ作家とされているのです。

実際、多和田作品は日本語やドイツ語だけではなく、30を超える言語へ翻訳され、世界中で読まれています

村上春樹のようにメディアに取り上げられることは少ないかもしれませんが、今後さらに有名になるであろう多和田葉子にも注目してみてください。

多和田葉子のおすすめ作品

『エクソフォニー ―母語の外へ出る旅』

最初にご紹介するのは、2003年のエッセイ『エクソフォニー ―母語の外へ出る旅』です。
小説家としての多和田葉子を紹介しているのですが、1つ目はあえてエッセイ取り上げます。

なぜなら、本作には多和田葉子独自の「エクソフォニー」という考え方が散りばめられており、これを知ることで彼女の小説をより一層楽しむことができるからです。

多和田葉子が世界各国のセミナーやイベントなどに参加しながら、母語である日本語の外に出ることについてをつづった紀行文がメインとなっており、活字が苦手な人でも読みやすい文体となっています。

多和田葉子は意識的に母語である日本語の外に出てみる「エクソフォニー」という独自の視点から、ことばや文化についてするどく洞察しています。

多和田葉子と一緒にことばをめぐる旅にでられる作品であり、彼女のことばに対する考え方を知ることができるでもあるので、多和田葉子入門としてもおすすめです。

『エクソフォニー ―母語の外へ出る旅』
出版社 : 岩波書店 
発売日 : 2012/10/17

『犬婿入り』

『犬婿入り』は1992年に発表された多和田葉子の初期の作品で、同年に芥川賞を受賞した小説です

「犬の婿入り」という民話から着想を得た作品で、舞台は東京の郊外でありながら、童話のような世界観を持っています。

現実と幻想というふたつの相反するものの境界がだんだんとぼやけていく、安部公房の作品を連想させるような、不思議な作品です。

あらすじ

主人公は多摩川沿いで塾を経営する女 北村みつこ。
突然、〈犬男〉の太郎がみつこの前に現れ、みつこと太郎の奇妙な同居生活が始まります。〈犬男〉とは一体何者なのか…。

『犬婿入り』
出版社 : 講談社
発売日 : 1998/10/15
created by Rinker
¥506 (2021/09/28 13:57:13時点 楽天市場調べ-詳細)

『地球にちりばめられて』

3作目のおすすめは『地球にちりばめられて』です。

2018年の作品で、多和田葉子らしさがふんだんに盛り込まれた傑作だと、私は考えています。

自分の国が消えてしまった女性 Hirukoが、同じ母語を使う人を探す旅をする冒険小説のような作品です。

Hirukoの旅の同行者は、デンマーク人の言語学者やイヌイットの青年、トランスセクシュアルのインド人、古い神様と同じ名前を持つ謎の男性など、個性があふれすぎているところが、とても多和田葉子らしいなと感じました。

言葉、民族、国、ジェンダー境界線がいい意味で壊されていくような、不思議な作品です。

※本作は、『星に仄めかされて』に続く連作の1巻目で、2021年2月時点では未完の作品となります。

あらすじ

北欧へ留学中に出身の島国が消滅してしまった女性Hiruko。
Hirukoは、北欧語をごちゃ混ぜにして新しく作った言語「パンスカ」を操ることができる。そんなHirukoに興味を持った言語学科の学生ナヌークは、彼女に会いに行くことにする。

そしてナヌークはHirukoとともに、彼女の母語を話す人を探す旅にでることに…。

『地球にちりばめられて』
出版社 : 講談社
発売日 : 2018/4/26
created by Rinker
¥1,870 (2021/09/28 13:57:13時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,980 (2021/09/28 01:49:46時点 楽天市場調べ-詳細)

さいごに

多和田葉子の作品を初めて読んだときの驚きは、今でも鮮明に覚えています。

日本語のようで日本語ではない、
慣れ親しんだことばなのだけど少しだけ違うことばのような気もする、

そんな不思議な感覚になったのです。

私と同じ感覚を楽しんでもらいたく、私が読んだのと同じ順番で3冊の本をご紹介しました。

ぜひ多和田作品に触れて、新しい日本語の世界を体験してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です